「ドラゴンボールZ」俳優が収録中に気を失った理由を説明

どの映画を見るべきですか?
 
赤い背景のステージ上のソファに座りながらマイクを握るショーン・シェンメル。写真:ダニー・ピーターソン。

長年英語吹き替え声優を務めたショーン・シェンメルとクリストファー・サバト 悟空ベジータ 、それぞれ、 ドラゴンボール シリーズでは、シェメルが壮大なカメハメハを繰り出したときに叫びすぎて気絶したときの例で示されているように、声に力を入れないことの重要性を共有しました。



シェメルとサバトの両氏は、オレゴン州ポートランドのローズシティ・コミコンで主催したパネルディスカッションでファンからの質問に答えた。



あるファンは、超サイヤ人3悟空のシーンでのシェメルの叫び声を象徴的だと呼び、若い俳優たちが声を間違えないようにするためのアドバイスを知りたがった。この俳優は、セルフモニタリングのためにヘッドフォンで自分の声を聞くことなど、興味深いヒントをたくさん提供してくれました。自分の声が聞こえないと、声が緊張してしまいます。優れた音響フィードバックが必要だ、と彼は言いました。さらに、シェメル氏は、叫び声を上げているときに目に涙が出るほどの鋭い痛みを感じた場合は、おそらく中止する必要があると述べました。彼はまた、横隔膜を使うことの重要性も強調しました。



シェメル氏が挙げたもう 1 つの重要な点は、自分の呼吸をモニタリングし、実際に叫び声を上げ続けるのに十分な空気が肺にあることを確認することです。シェメル氏が、ある絶叫セッション中に気を失う原因となった重大な誤算を犯したと語ったのも、こうした線に沿ったものだった。

超サイヤ人4かめはめ波で気絶した理由の一つ ドラゴンボールGT 空気の量と叫び声の長さに比べて息を吐くのが早すぎて、正しく計算していなかったからだ。それで私はあまりにも早く息を吐き出したので、横隔膜を圧迫して血液供給を遮断しました。そして気を失ってしまったのだと思います。



シェンメル氏とサバト氏は、悟空とベジータから数分間続いているように聞こえる叫び声は、実際にはいくつかの異なるテイクを編集によってつなぎ合わせたものであると説明した。 2~3分も叫び続けるのは無理だよ?シェメル氏は語った。



さらに、次のような番組 ドラゴンボールZ 多くの場合、叫び声を上げ続けるシーンと、別の設定で他のキャラクターを見せるシーンが交互に行われるため、各テイクで俳優が連続的に演技しなければならない時間にギャップが生じます。シェメル氏が説明したように、

最初のカットの終わりに、同じピッチで再度録音を開始し、編集の魔法を使ってそれを融合させます。そしてカットを越えて次の叫び声に戻ります。それで、それらをつなぎ合わせると、ピッチを合わせているので、すべてが一つの叫び声のように聞こえます。



間違いなく非人道的な長い叫び声が聞こえる ドラゴンボール それは不可能だ、とサバト氏は付け加えた。そして、日本語の場合でも、「はぁ、ああ」と言うだけで、その後、キャラクターはさらに5秒間口を開けたままになります。

しかし、編集の助けがあっても、あの持続的な叫び声を作り出すには、毎回ピッチを合わせるという点で、俳優にとって依然として多くの練習が必要であり、それは非常に難しい場合があるとサバト氏は語った。

人気の投稿